オフィスで水サーバーを使う際、どんなところで比較すべきか

水サーバーをオフィス導入する際の比較ポイント

水サーバーはオフィスで来客用のお茶を入れるときや、社員の福利厚生などで使われてきました。近年では、デザイン性の高い水サーバーも増えていて、様々なタイプの水サーバーが導入され、種類も豊富になっています。業務用水サーバーの選択肢は増えてきていて、よりニーズやオフィスの雰囲気などに合った水サーバーを選択することができるようになりました。しかし、業務用の水サーバーを導入する場合、どのような水サーバーを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで、業務用として水サーバーを選ぶ時にどんな点に注目して比較をすれいいのかというポイントを紹介します。

業務用の水サーバーを選ぶ場合、比較のポイントとして重視されるのが水にかかる費用です。業務用として水サーバーは使用する場合、家庭用水サーバーに比べると利用する人数が多いという特徴があります。そうなると水の消費量は多めになります。そのため、水の費用は業務用水サーバーを選ぶ際には、たいへん重要なポイントになります。

また、水サーバーは長期間にわたって使用するものなので、電気代もできるだけ節約できるものが比較の重要なポイントです。つまり、業務用水サーバーは、お水の価格だけでなく電気代が安いものを選ぶことも重要なのです。水サーバーは1日に何度もお水を冷却したり温めたりすることになります。水サーバーは電源を切ると雑菌繁殖が起こりやすくなりますので、昼間も夜間も電源を入れておくことが必要です。サーバーを利用する人がいない夜間の時間帯には、節電ができるタイプの省エネモードが搭載されている水サーバーを選ぶと良いでしょう。つまり、業務用水サーバーを導入する場合の比較ポイントとして、水代金がリーズナブルで、省エネモードなどが搭載されており、電気代ができるだけ安くなるタイプのものがおすすめです。水サーバーにかかるコストは、福利厚生費や接待交際費などで経費計上できることがありますので、できるだけコスパの高い水サーバーを比較して選ぶことがポイントになります。

そして、業務用水サーバーを比較する際には、水の容量という点で比較することも重要です。水の量が少ない場合、より頻繁にボトル交換することになります。業務用の水サーバーは、水の消費量が多くなりやすく、交換のことを考えると12L入りの大ボトルで購入することがおすすめといえます。最近では、より足元に近い位置でボトル交換できるような水サーバーも出ていますので、交換のしやすさという点で比較して検討することも一つです。

最新投稿